HOME>診療案内

いろいろな修復方法

保険診療と自由診療

歯の形を回復したり、抜いてしまったところに歯を入れる場合、技術や材料が限定された保険の治療と、高度な技術と幅広い材料が選択可能な自由診療とがあります。保険に認可されていない治療に、ホワイトニングや歯列矯正などたくさんの治療方法があります。

審美歯科

小さな虫歯

小さな虫歯

削って、詰め物で治します。奥歯の虫歯は、多くの場合型取りをして銀歯を詰めます(保険診療)。白く治す方法もあります(自由診療)。

直接修復法(ダイレクトストレーション)

直接修復法(ダイレクトストレーション)

神経が残っていればその日のうちに直接白く修復できる可能性があります。このような、型取りせずにお口の中で即日歯を作る直接修復法は、術者に高い治療技術が必要とされますが、患者さんにとっては簡便かつ比較的安価であり、幅広い症例に応用することができます。(多くの場合自由診療)

保険の銀歯の場合、実際の虫歯より広い範囲を削る必要があります。
しかし、直接修復法では、必要最小限の削除ですむため、とても歯に優しい治療法です。

冠(さし歯)

冠(さし歯)

保険診療は前歯は白い歯がかぶせられます(前面が白いプラスチック+裏側が銀の冠)。その他は銀の冠しか使えません。自由診療は、金合金、陶材焼付金属冠、メタルフリーオールセラミック冠など、幅広い審美材料から症例に適した冠が選択可能です。

オールセラミック

審美◎ 強度◎ 適応○

天然の歯と変わらぬ強度をもちます。ファイバーコアと組み合わせれば一切金属を使わない修復が可能です。美しい上に金属アレルギーの心配もありません。型どりした後、熟練した歯科技工士の手作業によって作られる最高級品です。人の手で作るので色調が豊かです。

メタルボンド

審美○ 強度◎ 適応◎

金属冠の上にセラミックを焼き付けた、審美歯科では歴史ある冠です。美しく丈夫なので幅広い症例に適応します。しかし、光を通さないので歯ぐきに黒い影を落とすことがあります。また、歯ぐきが痩せてくると、境目に黒い影が見えてしまいます。

ハイブリットセラミック

審美△ 強度△ 適応△

セラミックの粉をプラスチックで科学的に固めた冠です。強度はセラミックに比較するとかなり柔らかいです。プラスチック系の素材なので純セラミックと異なり、長期間の使用で若干の磨耗、変色があります(瀬戸物の器とプラスチックの器を思い浮かべると、その違いがわかりやすいでしょう)。

ファイバーコア

ファイバーコア

神経を除去した歯は、土台を立てて冠をかぶせます。

土台には「ファイバーコア」がおすすすめです(自由診療)。

☆ファイバーコアとは?

保険で用いる金属の土台は硬すぎるので、歯の根が負けてしまうことがあります。根が割れた歯は残念ながら抜歯となります。ファイバーコアは強度が歯の根と同じなので、しなやかで割れにくいのです。また、白く、光を通す素材なので金属の土台と違って歯ぐきが黒ずみません。

欠損した歯

欠損部分の保険治療は取り外しの入れ歯かブリッジですが、制限がたいへん多く選択肢が限定されます。自由診療では、インプラントをはじめ入れ歯もブリッジも、非常に多くの選択肢の中から症例に適した治療法を選ぶことができます。

欠損した歯

CEREC(セレック)

CEREC(セレック)

当院では、最新鋭のオールセラミックス修復機:セレック3D MCXLを導入いたしました。セレック3Dは、3D光学カメラで撮影した歯型をコンピュータに取り込み、セラミックスブロックから直接あなたの歯を削り出します。得られた修復物は、高い信頼性と審美性をあわせ持つことが実証されています。また、外部委託せず院内ですべての治療が完結するため、スピーディーかつ経済的です。このシステムは、いわば「イージーオーダー」のオールセラミックです。

写真左:3D光学カメラで撮影したデータをコンピューター上で再現し、製作する修復物を調整しています。
写真右:上のセラミックスブロックを使って、下のような修復物を削りだしました。

CEREC(セレック) BICON社製のインプラント

インプラント

永久歯が抜けた後、入れ歯などで苦労してはいませんか?そんな時はインプラント治療がたいへん有効です。インプラント(人工歯根)を顎の骨に埋め込み、その頭部にセラミックの歯冠を装着すれば、まるであなた自身の歯が再生したように食事が楽しくなります。当医院の扱うBICON社製のインプラントは、他社製に比べて装着が簡単、にもかかわらずぐらつきや細菌の漏洩も防ぎ、たいへん丈夫で長持ちです。

ホワイトニング

ホワイトニング

当院のホワイトニングは、審美歯科先進国アメリカの技術を取り入れたホームホワイトニングです。1日30分、朝トレーを装着するだけ。痛みなどの副作用も少なく、色調の調節も容易です。色の後戻りがあっても、数ヵ月に1回、30分のホワイトニングでまたキレイな白に戻ります。

POLUS

POLUS

当院では最新鋭のオフィスホワイトニングシステムも導入しています。高熱は歯髄を傷める事をご存知ですか?POLUSは強力ハロゲンでも、独自開発フィルターで発熱を抑制し、危ない紫外線を完全にカットします。ビヨンドテクノロジー社が独自に開発したホワイトニングライトシステムで、ハロゲン光源とLED光源により、より強力なパワーを実現しました。一日で白い歯を手に入れたい方は Beyond POLUS をおすすめします。また、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングをあわせて行うことで、より白い歯をより長く手に入れることができます。

ジェットパウダークリーニング

ジェットパウダークリーニング

歯のステインをクリーニングパウダーの噴射で落とすジェットパウダークリーニングで、短時間で汚れを落とし、本来の白さを取り戻せます。歯を傷つけることはありません。

小児歯科

子どもの乳歯は、食べ物を噛む以外にも「永久歯が正しく生えるための案内」や、「成長期に顔の形を整える」、「発音を助ける」など、とても大切な役割を担っています。ですから、子供時代の歯を疎かにすると、永久歯に重大な影響を与えることになりかねません。虫歯の治療だけでなく、フッ素を用いた予防処置や定期検診が重要です。ムーシールドを用いた幼少期からの治療により、反対咬合のリスクを大きく軽減させることもできます。

矯正歯科

矯正歯科では、美しい歯並びや健康的な噛合せのために、ブレースなどを用いて矯正治療を行います。歯の矯正と言えば、すぐに金属とワイヤーを装着した子どもの顔が思い浮かびます。しかし、実際には成人後に矯正治療を行う人も多いのです。患者さんからは、「口をあけて思い切り笑えるようになった」「性格が明るくなった」などの声を数多く聞きます。ブレースも半透明のセラミックブラケットやカラーゴムを使用するため、ほとんど目立ちません。

矯正治療は、非常勤の専門の先生が行います。診療日はカレンダーをご覧下さい。

ジェットパウダークリーニング

スポーツマウスガード

ケガの防止と競技力向上のために、スポーツマウスガードを装着してスポーツを楽しみましょう。
ボクシングやアメリカンフットボールではマウスガードの装着が義務化されており、試合時は必ず装着しなければなりません。
また、ラグビー、空手、ラクロス、などは一部義務化されています。さいきんでは、コンタクトスポーツに限定されずあらゆるスポーツでマウスガードの装着が推奨されています。

アスリートの口元に注目してみてください。あなたのあこがれのアスリートもスポーツマウスガードを使っているかもしれません。
歯科医院で作成するスポーツマウスガードは完全オーダーメイド。あなたにぴったりのものを作成します。

▲Page top