HOME>ポリシーとスタッフ紹介

Medical Care Policy

エルム歯科 : 診療方針

当院のポリシーは「科学的根拠に、基づいた治療」です。
歯の疾患に自然治癒はありません。歯医者に来るのは痛いし怖いし嫌なことかもしれませんが、専門家の治療を受けなければ決して治ることはないのです。

しかしながら、いかに科学的な治療であろうが、歯科医が治療をすればそれだけで治るというほど人体は簡単なものではありません。患者さんの「治したい」という意志がもっとも大切なのです。医療はその意志をサポートするものでしかありません。治療中そのようなことがないように最大限の注意を払っておりますが、痛いことや怖いこと、苦しいこともあるかもしれません。しかし、それが乗り越えられるような信頼関係を患者さんとのあいだに築き上げ、患者さんと協力し合いながら、お互いに望まれる最良の結果を求めて当院は努力して参ります。

また、当院では院内感染を防ぐため、スタンダード・プリコーションに従った滅菌・消毒の体制を整えています。

スタンダード・プリコーション
1996年、米国防疫センター(CDC)によって提唱された概念で、全ての人の血液・体液は感染性を有するものとして扱うべきであるという考え方。

▲Page top

院内感染の防止に努めています

治療イスに座った時、「テーブルの上には機器がたくさんのっている」「削る道具も常にユニットについている」、そんな状態(写真右)に不安を感じたことはありませんか?
当院では、テーブルの上には一切余計なものは置かれていません(写真左)。
患者さん毎に個別にパックされた器具。削るインスツルメントもパックされて、最初から接続されていることはありません。 交換できない部分は、バリアフィルムという青いテープで汚染から防御されます。

  • ○

    ○

  • ×

    ×

  • 小型高速滅菌器

  • 洗浄注油器

▲インスツルメント用の小型高速滅菌器(左)と洗浄注油器(右)です。

▲Page top

煖エ 章郎 (理事長/歯科医師/医学博士)

煖エ 章郎 (院長/歯科医師/医学博士)

1994
:北海道大学歯学部卒業
1998
:北海道大学免疫科学研究所大学院博士課程卒業 医学博士
1998
2000
:南フロリダ大学 研究助教
:札幌オムニデンティックスグループ勤務
2004
2008
:歯科オムニデンティックス院長
:エルム歯科開院
バイコンインプラントcertificate
日本免疫学会所属
歯科審美学会所属

宮坂 郁子 (院長/歯科医師)

 

鶴見大学歯学部卒業
非常勤歯科医師

渡邊 信子 (矯正歯科医)

▲Page top