HOME>治療説明

Medical Care Policy

歯科治療のご説明

歯周病とは

歯周病とは

歯周病は、歯周病菌が歯のまわりにべたべたこびりついたり(歯垢)、こびりついた細菌が石灰化して(歯石)セメントのように固まってしまったのものが原因で、歯を支えている歯肉や骨が破壊される病気です。

ほとんどの場合、重症化するまで自覚症状がありません。破壊された骨を元に戻すことはできませんが、病気の進行を止め、歯肉を引き締めて、自分の歯を抜かずにいつまでも使うことが治療の目標です。

しかし、重度に進行した歯周病は「抜歯」という方法でしか治療できません。歯周病の急性炎症が強い場合は、内服薬により消炎します。症状によっては切開して膿を出します。

歯周病は生活習慣病です。日頃からケアしなければ容易に再発してしまいます。そのため、治療終了後のメンテナンスがもっとも重要です。毎日の歯磨きはもちろん、症状に応じて一定の間隔で来院していただき、クリーニングを継続します。最近、歯周病が糖尿病や動脈硬化を悪化させるという研究結果が示されています。

保険診療では、一度に全ての歯をクリーニングすることはできません。
また、クリーニングの間隔についても制限があります(社会保険庁の通達による)。

当院では、全ての患者さんにクリーニングと、歯のトリートメントケア(保険外)を推奨しています。
トリートメントケアを行うことでエナメル質の微細な傷が修復されて表面が滑沢になり、歯周病菌も虫歯菌も付着しづらくなります。ステイン(しみ)も付きづらくなり、白く健康な歯が保てます。

表面の歯石を取る

歯周病の治療方法

歯垢や歯石は単なる汚れではなく細菌のかたまりです。この細菌を取り除くことが歯周病の治療にほかなりません。歯垢は歯ブラシでもとれますが、歯石は非常に硬いので、歯科医院で専用の治療器具を使わなければとることができません。歯垢・歯石の除去治療を、簡単にクリーニングと呼びます。

軽度歯周病の治療は、上下2回に分けてクリーニングを行い、3回目で炎症がなくなっていることを確認して終了です。

深い歯石を取る

重度歯周病の場合

前述の治療を行ってもまだまだ歯肉の中に多量の歯石が残っています。このような歯石は麻酔をかけなければ痛くて除去できません。また、見えないところに歯石がついているため除去するのも技術的に難しくなります。そこで全ての歯は概ね6回に分け、麻酔下で丁寧にクリーニングします。これでも治らない症例は、歯肉の切開を伴う「フラップ手術」を部分的に行います。

深い虫歯の治療

当院では、必要最小限の削合で、なるべく歯の神経を残す方針で治療にあたっています。歯の神経は重要な働きを担っています。特に子どもや若い人は神経をとることに慎重になるべきです。

今回、神経に近接する非常に大きな虫歯の場合、神経をとらずに保存する治療を行うと、しばらくの間、冷たいものでしみたり咬むと痛いことがあります。
2週間から4週間ほど経過観察が必要です。

神経の除去手術

歯の神経をとる治療

大きな虫歯で歯の中にある神経と血管が細菌に冒されると、組織が壊死してしまうので歯の根の先で神経を切り取って除去しなければなりません。
見えない歯の中を手探りで行う、非常に繊細な治療です。根の形態が複雑な場合、何回かに分けて神経を除去します。

歯の神経をとる治療 01

01

神経を摘出する一種の外科治療です。術後、神経の切断面に炎症がおき、咬むと痛かったり、自発痛が出ることもあります。痛いときは鎮痛剤を飲んでください。歯の中には炎症をしずめる薬を入れます。通常、一日から数日で痛みは治まります。虫歯の程度によっては、痛みが長引くことがあります。

※治療の間隔を開けてしまうと、口の中の細菌が感染して根の中が腐敗します。必ず指定された時期に受診してください。

歯の神経をとる治療 02

02

炎症が治まったら最終的な薬を入れます。刺激があるので少し痛むことがありますが、薬の影響です。心配いりません。その後、歯の欠損状態に応じた修復治療に移ります。

細菌感染した根の治療

歯の根の中が細菌感染してしまい、歯を植えている骨の中に病巣をつくっているので、細菌を除去する治療をしなければなりません。

細菌感染した根の治療 01

01

歯を削って穴を開け、感染した歯質や薬剤を除去します。見えない歯の中を手探りで行う、非常に繊細な治療です。根の形態が複雑な場合、何回かに分けて汚染物を除去します。

細菌感染した根の治療 02

02

病巣までトンネルをあける一種の外科治療です。外科的な力により、休眠していた病巣が活性化して今までなんでもなかった歯が急に痛くなることがあります。これは、根の中にいる細菌が原因です。

膿が増殖して歯茎や顔が腫れた場合

歯に穴を開けっぱなしにして膿を出したり、症状によっては切開して膿を出すこともあります。痛いときは鎮痛剤を飲んでください。抗生物質を処方することがあります。通常、数日で痛みは治ります。感染の程度によっては痛みが長引くことがあります。細菌がいなくなると、症状は治まります。

※治るまでに時間がかかることが多く、何度も通院しなければならないかもしれませんが、きちんと治すためには必要な治療です。治療の間隔を開けてしまうと、再感染して根の中が腐敗します。必ず指定された時期に受診してください。

細菌感染した根の治療 03

03

感染が治まったら最終的な薬を入れます。刺激があるので少し痛むことがありますが、薬の影響です。心配いりません。その後、歯の欠損状態に応じた修復治療に移ります。

▲Page top